WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

バウンスメール処理実装メモ

   

バウンスメールの概要

何からの原因で相手にメールが届かなかったことを通知するためのメールのこと。
原因は主に存在していないメールアドレスへの送信(誤入力・いたずら)や送信先のメールサーバがダウンしているなど。

下記のような差出人のメールを受信した経験がある人は多いと思うが、これがバウンスメールに該当する。

MAILER-DAEMON@domain.tld(MailDeliverySystem)

バウンスメールを処理しなかった場合の弊害

  • 受信側(DoCoMoやauなどのキャリアなど)からスパム判定される可能性がある
  • スパム判定によって利用しているメール配信サービス(AWSのSESやMandrillなど)の利用が停止されることがある

メール配信機能での取り扱い

メールアドレスの認証を行う。

会員登録時などに誤入力や架空のメールアドレスが入力されることを想定してメールアドレスの認証処理を行うようにしておく。

例えば、WEBサービスでよく見かける会員登録フォームを入力した時点では仮登録、入力されたメールアドレスに送られてきた認証トークンをクエリ情報に含むURLが時間内にクリックされたら本登録というものがそれに該当する。

メール認証が完了していないメールアドレスには送信しないようにする。

スクリーニング

バウンスが返ってきたメールアドレスにはメールを送信しないようにステータスを変えるなどして、メールアドレスのリストを更新して対応する。
これを配信先のスクリーニングという。

 - メールサーバ構築 ,