WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

Apache(httpd)のインストール

      2012/12/08

Webサーバーの構築

Webサイトを公開するためのWebサーバーを構築します。
設定ファイルは各々の環境に合わせて適宜設定します。

Apache(httpd)のインストール

[root@centos ~]   yum -y install httpd

Apacheの基本的な設定

Apacheの設定ファイルは /etc/httpd/conf/httpd.conf です。
以下、基本的なディレクティブの設定を行います。

[root@centos ~]#  vi /etc/httpd/conf/httpd.conf ※apacheの設定ファイルをテキストエディタで開く

- HTTPレスポンスヘッダのServerヘッダの情報を最小限にする -
ServerTokens OS
 ↓
ServerTokens Prod

- エラーページに表示されるメールアドレスを設定。エラーがあった際はここに設定したメールアドレスに通知がいく -
ServerAdmin root@localhost
 ↓
ServerAdmin webmaster@linuxserver.jp

- サーバーの名前を設定 -
#ServerName www.example.com:80
 ↓
ServerName linuxserver.jp:80

- DocumentRootを設定 -
DocumentRoot "/var/www/html"   ※Webサーバーで表示するHTMLやPHPなどのファイルを設置する場所だが、特に変更する場合がない場合はデフォルトでOK

- DocumentRootを設定 -


#
# Possible values for the Options directive are "None", "All",
# or any combination of:
#   Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
#
# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
# The Options directive is both complicated and important.  Please see
# http://httpd.apache.org/docs/2.2/mod/core.html#options
# for more information.
#
    Options Indexes FollowSymLinks
     ↓
    Options ExecCGI FollowSymLinks Includes

#
# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
#   Options FileInfo AuthConfig Limit
#
    AllowOverride None
     ↓
    AllowOverride ALL  ※ディレクトリごとにApacheの設定を変更できる「.htaccess」を使用できるようにする。

#
# Controls who can get stuff from this server.
#
    Order allow,deny
    Allow from all



- DirectoryIndex -
DirectoryIndex index.html index.html.var
 ↓
DirectoryIndex index.html index.php index.cgi  ※「http://www.example.com/」のようにアクセスした場合に表示されるファイルを設定する。この設定例の場合、index.html・index.php・index.cgiの内のいづれかがディレクトリ内にある場合、先に記述したファイル名から順に検索され表示される。

- AddDefaultCharset -
AddDefaultCharset UTF-8
 ↓
#AddDefaultCharset UTF-8   ※デフォルトで文字コードを指定しないようにする

ドキュメントルートの所有者を変更

[root@centos ~]#  chown user1. /var/www/html/   ※ドキュメントルートの所有者を変更する。ここでは例としてuser1を所有者に設定

Apacheの起動

[root@centos ~]#  /etc/rc.d/init.d/httpd start    ※Apacheを起動
[root@centos ~]#  chkconfig httpd on  ※OS起動時にApacheが起動するように設定

ルーターの80番ポートを開放する。

 - WEBサーバ構築 , ,