WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

WordPressのオリジナルテーマを作成する

      2014/11/16

テーマ情報の場所とテーマの構成要素

WordPressのテーマ情報は wp-content/themes/ の中のサブディレクトリに設置されます。
例えば、hoge というテーマは wp-content/themes/hoge/ というディレクトリにあります。

テーマは、以下の要素で構成されています。

  • テンプレートファイル
  • モジュールファイル
  • スタイルシートファイル
  • 画像
  • 関数ファイル(オプション)

テンプレートファイルは記事やカテゴリなど主要なページのレイアウトを定義するものです。
モジュールファイルは複数のページで共通するレイアウトを小分けにしたもので、それ単体では動作せず複数のテンプレートファイルから読み込まれて利用されます。

テーマ内のファイルとその役割

前章では、テーマの構成要素を大雑把にあげてみましたが、テーマディレクトリの直下にあるファイルとその役割について具体的に見ていきたいと思います。

WordPress3.1.3にデフォルトでインストールされているテーマである twentyten にどのようなファイルがあるかを実際に見て、それぞれのファイルの概要を下表にまとめてみました。

ファイル名 種類 概要
images ディレクトリ テーマで使用する画像を保存するディレクトリ
404.php テンプレートファイル HTTPステータスコードが404の際に出力されるページのHTML。
つまり、存在しないページにアクセスされたときに出力する内容。
archive.php テンプレートファイル 記事を出力するときに利用されるHTML。
category.php テンプレートファイル カテゴリページを出力するときに利用されるHTML
comments.php モジュールファイル コメント表示の際に利用されるHTML
footer.php モジュールファイル 共通フッター
functions.php 関数ファイル テーマで使用する関数を定義するためのファイル
header.php モジュールファイル 共通ヘッダー
index.php テンプレートファイル メインインデックス
page.php テンプレートファイル 固定ページを出力するときに利用されるHTML
screenshot.png 画像ファイル テーマのスクリーンショットとして利用する画像。WordPressの管理画面のテーマメニューで出力される。
search.php テンプレートファイル サイト内検索の検索結果
sidebar.php モジュールファイル サイドバー
style.css テンプレートファイル CSS定義ファイル

この中でもindex.phpは基本テンプレートともいわれ、記事やカテゴリなどサイト上で生成されるすべてのウェブページで利用することができる特殊なファイルとなります。
最低限index.phpとstyle.cssがあればWordPressのテーマを作成することができます。ただ、保守性の観点から最低限上表のファイル構成は用意したほうがいいと思います

テーマ作成時の注意点

WordPressでのテーマ作成時には以下の点に注意する必要があります。

  • テーマ名に数字を入れるとテーマ管理画面にその部分が表示されないので避けること
  • 各ファイルのパーミッションを書き込み可(666)に設定しないと、管理画面からテーマの編集が行えない
  • 文字コードを合わせないと文字化けする

 - WordPress , ,