WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

VMWare Player でホストOSとゲストOS間でフォルダを共有する

      2012/12/20

Shared Folder の有効化

VMWare Player を利用しているとホストOSとゲストOS間でフォルダを共有したい場合があると思います。
VMWare Player では簡単な設定を行うだけでフォルダを共有することができます。

設定の手順は以下のとおりです。

1. VMWare Tools のインストール

ゲストOS用の仮想ドライバであるVMWare Toolsのインストール。

2. vmxファイルの編集

vmxファイルに以下を追加します。

sharedFolder.option = "alwaysEnabled"
sharedFolder.maxNum = "1"
sharedFolder0.enabled = "TRUE"
sharedFolder0.present = "TRUE"
sharedFolder0.hostPath = "c:\"
sharedFolder0.writeAccess = "TRUE"
sharedFolder0.readAccess = "TRUE"
sharedFolder0.hostName = "host"
sharedFolder0.guestName ="hostroot"
sharedFolder0.eXpiration = "never"

それぞれのディレクティブの意味は下表のとおりです。

sharedFolder0.hostPath 共有するフォルダのパス
sharedFolder0.writeAccess 共有フォルダへの書き込み権限
sharedFolder0.readAccess 共有フォルダへの読み込み権限
sharedFolder0.hostName ゲスト上に表示するサーバ名
sharedFolder0.guestName ゲスト上に表示する共有フォルダのディレクトリ名

3. VMWare Player の設定

  1. VMWare Player でゲストOSを起動
  2. VMWareのメニューの”仮想マシン”の中から”仮想マシンの設定”をクリック(Ctrl + Dでもダイヤログがでます)
  3. “オプション”のタブを選択して”フォルダの共有”の項目で”常に有効”を選択

以上の設定でゲストOSの /mnt/hgfs/hostroot にホストOSのCドライブがマウントされるようになります。

 - VMWarePlayer ,