WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

IllustratorでのJavaScript実行

      2014/11/16

IllustratorでのJavaScript実行

IllustratorなどのAdobeのCSではJavaScriptによるアプリケーションの制御を行うことができます。

試しに、IllustratorからJavaScriptを読み込んでみましょう。
以下のコードをtest.jsxと命名し、ローカルの適当な場所に保存してください。

str = "Hello!";
alert(str);

JavaScriptをファイルとして保存したら、Illustratorから読み込みます。
読み込みを行う場所は、”ファイル(F) → スクリプト(R) → その他のスクリプト” です。

IllustratorからのJavaScriptの読み込み

test.jsxを指定して読み込むと、下図のように”Hello!”というアラートが表示されます。

test.jsxをIllustratorから読み込んだ結果

IllustratorでJavaScriptを利用する際の注意点としては、JavaScriptファイルの拡張子を”js”もしくは”jsx”にしなければならない点です。それ以外の拡張子にすると、JavaScriptが動作しない可能性があります。

CS2以降では拡張子は.jsxに統一されているそうなので、jsxを使うようにするのがいいと思います。

オブジェクトやそのプロパティ・メソッドが網羅されているリファレンスが、WEBにも書籍にもまだまだ少ないようです。
このブログでは、過去に利用したオブジェクトに関してはこれからまとめていこうと思います。

 - Illustrator , , ,