WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

圧縮されたJavaScriptをもとに戻す

      2014/11/16

JavaScriptと圧縮

Webで配布されているJavaScriptライブラリは圧縮・軽量化されているケースが多いです。
圧縮とは、スクリプトから改行やコメントを削除したり、変数名を最小限の文字に置換したりしてスクリプトの容量を小さくする処理のことです。

圧縮されたコードは非常に可読性が低くなります。
実用するときはいいかもしれませんが、ソースコードを読んで勉強したり処理を理解したいこともあり、圧縮されたままだと不便なこともあります。

圧縮されたJavaScriptコードは以下のサービスを利用して簡単にもとに戻すことができます。
JsDecorder

特にソフトのインストールなどが必要になるわけではなく、JsDecorder にアクセスして変換したいJavaScriptを入力するだけで利用することができます。

ただし、変換後のスクリプトが正常に動作するとは限らないと思うので、変換したスクリプトを利用するさいは動作確認を行うようにしたほうがよさそうです。

 - JavaScript , ,