WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

CentOS5.6にRuby1.9.2をインストールする

      2012/12/18

新しいバージョンのRubyをインストール

2011年8月30日現在、CentOSの標準リポジトリを経由してRubyをインストールすると、インストールされるRubyのバージョンは1.8.5となります。
以下は64ビットアーキテクチャのCentOS5.6へ、より新しいバージョンであるRuby1.9.2をインストールの手順です。

まず、事前に必要なパッケージをインストールしておきます。

# wget http://packages.sw.be/checkinstall/checkinstall-1.6.0-3.el4.rf.x86_64.rpm
# rpm -ivh checkinstall-1.6.0-3.el4.rf.x86_64.rpm
# yum -y install gcc gcc-c++ make perl zlib-devel openssl-devel readline-devel libxml2-devel bzip2-devel unzip libjpeg-devel libpng-devel freetype-devel rpm-build

つづいてRuby本体のインストールです。

# cd /usr/local/src
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.2-p180.tar.gz
# tar xvzf ruby-1.9.2-p180.tar.gz
# cd ruby-1.9.2-p180
# ./configure
# make    時間がかかります。
# /usr/sbin/checkinstall --fstrans=no
Slackware [S], RPM [R] or Debian [D]?R ←R を入力
Should I exclude them from the package? (Saying yes is a good idea)  [y]:n ←nを入力
上記2つ以外はすべて空Enterを入力
# ruby -v
ruby 1.9.2p180 (2011-02-18 revision 30909) [x86_64-linux]

1.9系のRubyではRubyGemsが標準ライブラリとして付属しています。

 - Ruby , ,