WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

CPUの基礎知識

      2012/12/19

CPUとは?

CPUは、各種デバイスの制御やデータの演算を行うパソコンの中心的なパーツです。Central Processing Unit(中央演算処理装置)の略でCPUと表記します。
CPUはパソコンを人に例えるならば、「頭脳」のようなものです。CPUの性能はパソコンの性能を大きく左右します。

CPUの選び方

自作PCを組み立てる際は、まず最初にCPUから選ぶ場合が多いです。
CPUを選択後、それを搭載するマザーボードを合わせて選ぶというのが一般的です。

CPUを選ぶ際は、搭載するマザーボードのソケット形状やチップセットに注意します。

ソケットとは、CPUをマザーボードに装着するための穴の空いた板状の部品の事です。このソケットの部位にCPUをはめ込んで、マザーボードと接続します。
もし、マザーボードのソケット形状がCPUに対応していない場合は、CPUをマザーボードに搭載することが物理的にできなくなってしまいます。

また、ソケット形状がCPUに対応していても、マザーボードに搭載されているチップセットがCPUに対応していなければパソコンが動作しないので注意が必要です。
チップセットとは、CPUやメモリ、拡張カードなどのその他周辺機器の間のデータの受け渡しを管理する一連の回路群のことです。
人間の体で言えば、脳と体の器官をつなぐ「中枢神経」のような役割を果たす、極めて重要な部分です。
マザーボードのスペック表で搭載するCPUにチップセットが対応しているかどうかをしっかり確認する必要があります。

さらに、マザーボードが発売された後に登場したような新しいCPUは、ソケット形状が対応していてもBIOSをアップデートしないと使用できない場合が多いので、その点も一考する必要があります。

CPUはパソコンの中でも特に交換のしやすい部位であり、その上パソコンの性能を大きく左右するパーツです。
そのため、予算がなくて安価なCPUで組み立てることになっても、マザーボードは将来性を考慮して拡張性の高いものを選ぶといいでしょう。

 - 自作PC ,