WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

【英語】【活用】動詞の活用で述語動詞と準動詞を判別する

      2015/07/23

動詞の活用

動詞には、原形・現在形・過去形・過去分詞形・ing形の5つの形があり、これらは活用と呼ばれる。
活用によって動詞のつづりが変化する。

各活用の基本的なフォーマットは決まっていて、下表のようになっている。

活用 基本的なフォーマット
原形
現在形 原形と同じ
過去形 原形の語尾にedを付けたもの
過去分詞形 過去形と同じ
ing形 原形の語尾にingを付けたもの

この表のような規則的な活用は規則活用と呼ばれる。

上表とはまったく違う活用の仕方をする動詞もある。
例えば、writeという単語は過去形がwrote,過去分詞形がwrittenと不規則に活用する。このような活用は不規則活用とよばれる。

活用と述語動詞の関係

動詞の活用を判別する利点は、動詞が述語動詞かどうかの判別につながるということである。

現在形と過去形の動詞は必ず述語動詞となる。
それ以外の活用は述語動詞の可能性もあるが、準動詞である可能性もある。

 - 英語 ,