WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

CentOSでのリポジトリ追加

      2012/11/29

標準リポジトリのパッケージが他のリポジトリのパッケージで上書きされないようにする

標準リポジトリと任意で追加した他のリポジトリで同じパッケージが提供されている場合、整合性保持のため標準リポジトリのパッケージを最優先に保護し、他のリポジトリのパッケージで上書き>しないように設定します。

各リポジトリごとの設定ファイルは、”/etc/yum.repos.d/”内に”*.repo”というファイル名で保存されています。
標準リポジトリの設定ファイルは、”/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo”です。
標準リポジトリの設定ファイル内の各項目に、優先度の指定を行います。

[root@centos ~]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1    ←追記

#released updates
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1    ←追記

#packages used/produced in the build but not released
[addons]
name=CentOS-$releasever - Addons
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=addons
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/addons/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1    ←追記

#additional packages that may be useful
[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1    ←追記

サードパーティリポジトリの追加

ここではDAGリポジトリというサードパーティのリポジトリを追加してみます。

GPGキーの入手

GPGキーとは、パッケージが正しい配布先のものかどうかのチェックするための公開鍵です。

まず、GPGキーを取得するため、GPGキーがどこにあるのか確認します。
http://dag.wieers.com/rpm/に移動して中段にある「”Installation and Configuration” 」というリンクをクリックします。
続いて、「The packages are all signed with this GPG key.」と記述されている部分を探すと、「this GPG key」の部分がリンクとなっているのでこのURLをコピーします。
コピーしたURLからGPGキーをwgetでダウンロードしてインポートを行います。

[root@centos ~]# wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
[root@centos ~]# rpm --import RPM-GPG-KEY.dag.txt

設定ファイルの作成

GPGキーのインポートが完了したら、dagリポジトリ用の設定ファイルを作成します。

[root@centos ~]# vi /etc/yum.repos.d/dag.repo
[dag]
name=Dag RPM Repository for RHEL5/CentOS5
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el5/en/$basearch/dag/
enabled=1
gpgcheck=1

これでdagリポジトリの追加は完了です。

 - CentOS , ,