WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

CentOSに後からX Window Systemをインストールする

      2012/11/29

X Window System・GNOMEのインストール

CentOSインストール時にGUI環境を入れなかった時に、後からXをインストールする場合は下記のように実行します。

[root@centos ~]# yum -y groupinstall "X Window System" "GNOME Desktop Environment"

パッケージが多いので少し時間がかかります。
下記コマンドでXを起動します。

[root@centos ~]# xstart

起動後の設定

インストール直後の初回起動時には初期設定を行う「Setup Agent」が起動します。
設定したい項目を選択して「Run Tool」を選択すると、設定ツールが起動します

各設定項目の内訳は下記のようになっています。各項目を必要に応じて設定します。

Authentication configuation 認証方法の設定
Keybord configuration キーボードの設定
Network configuration ネットワークの設定
Printer configuration プリンタの設定
System service 起動するサービスの設定
Timezone congiguration タイムゾーンの選択

「Exit」を選択すると終了します。

また、「Setup Agent」は”setup”コマンドを実行することで起動できます。

 - CentOS , , , ,