WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

Eee PC 901-XにUSB経由でUbuntu9.10をインストールする

      2012/12/05

必要なものの準備

EeePC901-XにUbuntuをインストールするために必要なものは、以下の4点です。
ソフトの横のバージョンは実際に動作確認を行ったものです。

ソフト3点はあらかじめダウンロードして適当な場所に解凍しておきます。
PowerISOは解凍が完了したらインストールします(インストール後要再起動)。

インストールUSBの作成

1.インストールUSBとして使うUSBメモリをポートに接続してマウントしておきます。

2.ISOの抽出
PowerISOを起動し、UbuntuのISOを開きます。
続いてメニューの抽出をクリックして内容を全てUSBメモリに抽出します。
※マシンスペックによってはかなり時間がかかります。

3.ファイルの編集
USBメモリ内のisolinux/text.cfgを開き/cdromの記述を削除します

append  file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper initrd=/casper/initrd.lz quiet splash --
append  file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper only-ubiquity initrd=/casper/initrd.lz quiet splash --
   ↓
append  file=/preseed/ubuntu.seed boot=casper initrd=/casper/initrd.lz quiet splash --
append  file=/preseed/ubuntu.seed boot=casper only-ubiquity initrd=/casper/initrd.lz quiet splash --

4.リネーム
isolinuxフォルダをsyslinuxに、
syslinuxフォルダー内のisolinux.cfgをsyslinux.cfgに
それぞれリネームします。

5.ブートローダーの書き込み
syslinux.exeでUSBメモリにブートローダを書き込みます。
コマンドプロンプトで、syslinux-3.83win32内のsyslinux.exeを以下のように実行します。
syslinux.exeの引数ではUSBメモリがマウントされたドライブ名を指定します。これを間違えて指定すると違うドライブに書き込まれてい、最悪OSが起動しなくなる恐れがあります>ので注意してください。

※ここではCドライブ直下にsyslinuxを解凍したした場合を例とします
C:\>cd syslinux-3.83/win32
C:\syslinux-3.83\win32>syslinux.exe -a f:    USBメモリがマウントされたドライブ名を指定

USBメモリにldlinux.sysが作成されていれば成功です。

EeePC901-Xへのインストールを実行

EeePC901-XのUSBポートに作成したインストールUSBを指し込み、Escキーを長押ししながら起動します。
あとは”Install Ubuntu”を選択してGUIに従ってインストールを行います。

インストール後はEeePC用にチューニングを行うと快適に使用できます。下記が参考になります。
EeePCで最低限やっておきたいチューニング

 - Ubuntu ,