WEBサービス創造記

WEBサービスを作ったり保守したりしてる人のメモブログです。

Nagiosのインストール

      2013/04/30

Nagiosのインストール

Nagios(※ナギオスと発音するようです)は、サービスの稼働状況を監視するシステムです。

yumでインストールすることもできますが、日本語化パッチをあてるため、ここではソースからビルド方法を採用します。
一応yumでインストールする手順も覚書として残しておきます(後述)。

統合監視システム構築(Nagios) – CentOSで自宅サーバー構築を参考にしました。

Nagiosユーザ作成

# groupadd nagios
# useradd -d /usr/local/nagios -m -g nagios nagios

Nagios本体のビルド

# yum -y install gd-devel    Nagiosの動作に必要
# wget 'http://sourceforge.net/projects/nagios/files/nagios-3.x/nagios-3.2.1/nagios-3.2.1.tar.gz/download'    NagiosCoreをダウンロード。バージョンはhttp://sourceforge.net/projects/nagios/files/で確認
# tar fxzp nagios-3.2.1.tar.gz
# cd nagios-3.2.1.tar.gz
# wget 'http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=iij&f=%2Fnagios-jp%2F38828%2Fnagios-3.1.0-ja-utf8.patch.gz'    Nagios日本語化パッチのダウンロード。バージョンはhttp://sourceforge.jp/projects/nagios-jp/releases/で確認
# gzip -dc nagios-3.1.0-ja-utf8.patch.gz | patch -p0    日本語化パッチ適用
# ./configure && make all && make fullinstall && make install-config
# cd ../
# rm -rf nagios-3.2.1*

さざなみフォントのインストール

Nagiosでは画像の日本語化などの部分でさざなみフォントを利用しているので、これも合わせてインストールしておきます。

# wget http://osdn.dl.sourceforge.jp/efont/10087/sazanami-20040629.tar.bz2
# tar jxvf sazanami-20040629.tar.bz2
# mkdir /usr/local/nagios/etc/font    さざなみフォント格納ディレクトリ作成
# cp sazanami-20040629/sazanami-gothic.ttf /usr/local/nagios/etc/font/font.ttf
# rm -rf sazanami-20040629*

Nagiosプラグインインストール

# wget http://sourceforge.net/projects/nagiosplug/files/nagiosplug/1.4.15/nagios-plugins-1.4.15.tar.gz/download    Nagiosプラグインダウンロード。バージョンはhttp://sourceforge.net/projects/nagiosplug/files/nagiosplug/で確認
# tar zxvf nagios-plugins-1.4.15.tar.gz
# cd nagios-plugins-1.4.15
# ./configure && make && make install

Nagios設定

# vi /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg
cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/servers    行頭の#を削除してコメントアウトを無効化

date_format=iso8601    日付書式を和風に

# vi /usr/local/nagios/etc/cgi.cfg
ttf_file=/usr/local/nagios/etc/font/font.ttf    行頭の#を削除してコメントアウトを無効化。さざなみフォントを有効化するため

# mkdir /usr/local/nagios/etc/servers   サーバー監視設定ファイル格納ディレクトリ作成

Apache設定

# usermod -G nagios apache    ApacheユーザをNagiosグループに所属させる
# vi /etc/httpd/conf.d/nagios.conf    Nagios用Apache設定ファイルを編集
AuthUserFile /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users    ←このディレクトティブの値がBASIC認証のアカウント設定ファイル
# htpasswd -c /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users username
New password: 
Re-type new password: 
Adding password for user username

Nagiosの起動・自動起動設定

# /etc/rc.d/init.d/nagios start
# chkconfig nagios on

以上の手順でNagiosにアクセスできるようになります。
NagiosのURLは、http://サーバー名/nagios/ になります。

監視項目や監視ホストの追加については、別ページで解説していきたいと思います。

日本語ドキュメント

日本語化されたドキュメントもあるようなので、必要があれば下記URLからダウンロードしておきます。
http://sourceforge.jp/projects/nagios-jp/releases/

# wget 'http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=jaist&f=%2Fnagios-jp%2F26147%2Fnagios-doc-2x-ja-20070701.tar.gz'

yumでNagiosをインストール

※以下、yumでNagiosでインストールする方法の覚書です。

ここではyumを利用してNagiosをインストールしますが、デフォルトのリポジトリにはnagiosのパッケージがないのでRPMforgeリポジトリを事前に追加しておく必要があります。
参考:RPMforgeリポジトリ導入 | Linuxで自宅サーバ構築

# yum -y install gd gd-devel
# yum -y install nagios nagios-plugins

これでNagiosのインストールは完了しました。
が、デフォルトでは管理画面にBASIC認証がかかっています。詳しくは、/etc/httpd/conf.d/ディレクトリ以下に作成されたnagios.confを見てください。

# vi /etc/httpd/conf.d/nagios.conf
AuthUserFile /etc/nagios/htpasswd.users    ←このディレクトティブの値がBASIC認証のアカウント設定ファイル

NagiosのBASIC認証設定ファイルの場所が確認できたら、アカウントを追加します。

# htpasswd -c /etc/nagios/htpasswd.users username
New password: 
Re-type new password: 
Adding password for user username
# nagios -v /etc/nagios/nagios.cfg    設定ファイルに誤りがないか確認
Total Warnings: 0
Total Errors:   0
# /etc/init.d/nagios start

気になるようでしたら、デフォルトのBASIC認証に加えてIP制限もしておくといいかもしれません。

これで、http://IPアドレス/nagios/へアクセスすると、Nagiosが見れるようになります。

 - Nagios ,